So-net無料ブログ作成

有料老人ホームの人員配置について [老人ホーム]

有料老人ホームの人員配置について

有料老人ホームに入るためには高いお金がかかります。

そのため、入居するのはお金持ちのイメージがあるでしょう。

しかし、介護保険法が改正され、

介護保険が適用されたことで、入居しやすくなりました。

有料老人ホームは介護を行ったり、日常のお手伝いをしますが、

施設内の人員配置の基準も定められています。

入居者100人に対して1人の生活相談員を配置し、

常勤者も1人以上必要です。

また、看護職員、

介護職員は入居者で要支援を受けている人10人に1人、

要介護の認定を受けている場合は3人に1人必要で、

1人は常勤の必要があります。

さらに理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、

あんまマッサージ指圧しなどの機能訓練指導員も

1人以上必要となっています。

また、ケアマネージャーはケアプランの作成を行いますが、

これも利用者100人に1人が必要です。

また施設管理のための常勤管理者も必要です。

管理者は他の業務と兼務することができます。

運営規定や需要事項説明書を確認すれば、

人員の配置は把握できます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。