So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

住居型有料老人ホームの基準 [老人ホーム]

住居型有料老人ホームの基準

有料老人ホームには3種類あり、健康型、介護型、

住居型に分けられます。

その中でも、介護サービスの提供の仕方により、

2つに分類されます。

住居型有料老人ホームは、介護サービスの提供はありませんが、

食事や生活の補助を行います。

また、60歳以上の高齢者であれば、

介護度に関わらず入居できます。

どうしても介護が必要な場合は、地域の訪問介護や

入浴サービスなどを利用できます。

他の有料老人ホームと違い、介護サービスがないので、

外部に介護を頼んでいる場合は、

介護サービス事業の変更もできます。

また、介護サービスを受けた分だけ費用が発生します。

ただし、訪問介護サービスの場合、時間が決まっており、

自宅での介護と変わりがありません。

要介護度が高い場合は負担も増えますので、注意が必要です。

高齢者にとって自由に過ごしたい場合はいいのですが、

介護が必要な場合は一概に良いとはいえないかもしれません。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。