So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
老人ホーム ブログトップ
前の10件 | -

有料老人ホームに向かない人 [老人ホーム]

有料老人ホームに向かない人

介護や食事、生活などのサービスを受けられる

高齢者施設が有料老人ホームです。

自立した生活を送れる方も介護が必要な方も、

条件さえ合えば入居可能です。

しかし、入居に不向きな人もいます。

たとえば入院の必要がある人です。

ホームに入居する場合、持病がある場合がほとんどで、

入院する必要がないなら特に問題はないのですが、

入院が必要な場合は入居できません。

有料老人ホームは医療行為は行えず、

介護サービスを受ける施設だからです。

また、部屋は個室でも生活は集団です。

自宅感覚で過ごせますが、規則はあります。

食事の時間、入浴の順番などの規則が

設けられていますので、きちんと守りましょう。

また、お風呂やトイレなどは共同となっていることが多いので、

トラブルにならないよう気をつけましょう。

自分の好きなように生活を送りたい方や、

集団での生活が苦手な方は有料老人ホームには不向きでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

有料老人ホーム 入居生活 [老人ホーム]

有料老人ホームに入居して幸せに生活するためには

有料老人ホームに入居する理由は様々で、

一人暮らしが不安な方、介護する家族がいない方、

家族との関係が悪い方などがいます。

有料老人ホームでは、スタッフや他の入居者と助け合い、

励ましあいながら過ごします。

また、配偶者を亡くされた方も多いのですが、

その寂しさを少しずつ消してくれる場所でもあります。

生きていくことの希望を見出せるのでしょう。

また、いろいろなことに挑戦したり、参加することで、

毎日を楽しく過ごせる方が多いです。

有料老人ホームに入居した際は、色々な方と接触を図り、

何でもチャレンジしてみるといいでしょう。

また、家族との距離も適度に保てますので、

家族関係が悪く入居した方の家族関係も

修復されることがあるようです。

入居を新しい生活の始まりとして、

積極的に過ごすことで、

楽しい幸せな生活を送ることが出来るでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

有料老人ホーム トラブル [老人ホーム]

有料老人ホームのトラブルの元とは

有料老人ホームにもトラブルはあります。

一番多いのは費用問題で、高い入居一時金、

入居後の介護費用、不透明な費用の請求などです。

有料老人ホームは今は自分で自分に合ったところを

自由にえらぶことができます。

入居一時金は必ずいる費用なのですが、どのように使われ、

途中解約の場合はどうなるのか、事前に確認しましょう。

また、重要事項説明書に料金詳細を明記することが

義務付けられていますので、確認し、疑問点は解消しましょう。

また、家賃、食費、管理費などの費用が毎月かかり、

これも事前に説明があります。

しかしこの毎月かかる費用にもトラブルは起こるのです。

なぜなら決まっている介護サービスの範囲以外のサービスを

受けると費用は高くなるからです。

介護保険を利用する場合は、

どこまで適用されるのかを確認しましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

有料老人ホームの退去理由 [老人ホーム]

有料老人ホームの退去理由

有料老人ホームを選ぶことは、

今後の生活を左右することですので、

しっかりと決めましょう。

また、入居後、退去をする方もいます。

理由としては、入居前からの持病です。

この持病が悪化したため、医療行為が必要になったり、

長期入院、老化によって医療行為が必要になることがあります。

有料老人ホームは介護サービスを受けることは出来ても

医療行為は受けられません。

ですので、退去される方の多くは、有料老人ホームで医療行為を

受けられると思い込んでいるのです。

サービスに不満を持って退去される方もいます。

有料老人ホームは入居者1人に介護者が1人つくわけではありません。

介護サービスで出来ることも決まっていますので、

何でもしてくれると思わずに入居することが大切です。

そうすることで、退去理由として多い健康上の問題や

サービスへの不満も減ることでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

有料老人ホームの特徴 [老人ホーム]

有料老人ホームの特徴

全国に約4500件ある有料老人ホームの半数は首都圏にあります。

有料老人ホームと言っても、施設ごとに違い、

自立を促す施設、医療やケアを重視する施設、

色々なケアを重視する施設など、様々です。

首都圏は有料老人ホームの数が多いため、

入居者や家族の高い満足度のためのサービスを提案します。

また、この提供するサービスの違いで有料老人ホームは

ジャンルが別れており、入居者の状態や介護の

必要性によって選択肢が違います。

一般的な介護付有料老人ホームは、

介護サービスが受けられる上に比較的入居しやいです。

混合型の介護付有料老人ホームは、自立した生活を送れる方、

要支援、要介護の認定を受けている方、誰でも入居でき、

日常生活のサービスと介護サービス両方が受けられます。

この場合、自立していた方が入居後介護が必要になっても、

そのまま入居し続けることができます。

重学方有料老人ホームは、訪問サービスなどが主体となりますので、

要介護認定の方にはあまりお勧めできないかもしれません。

健康型有料老人ホームは自立した生活を送れる人のための施設です。

特徴は異なりますので、入居者に合わせたホームを選びましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

健康型有料老人ホーム [老人ホーム]

健康型有料老人ホーム

有料老人ホームは老人福祉法の規定がありますが、

老人福祉施設ではありません。

以前は入居者が常に10人以上必要でしたが、

現在は法改正が行われ、1人以上となりました。

有料老人ホームは健康型、介護型、住居型の3つに分類され、

サービスの提供の違いによって分けられています。

健康型有料老人ホームは介護の必要がない人の施設です。

そのため入居費用が抑えられます。

しかし、介護が必要になったときは退去が必要です。

前提としては自立した生活を送れることですが、

最近は介護が必要でも自立した

生活ができればいいところもあるので、確認が必要です。

また、食事や掃除のサービスも行われているので、

1人暮らしの方には優しい環境でしょう。

費用は施設ごとに異なりますし、介護保険は適用されませんので、

一般の住宅よりは費用がかかります。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

有料老人ホームの人員基準について [老人ホーム]

有料老人ホームの人員基準について

老人福祉法に規定されている有料老人ホームは

入居している1人以上の高齢者に日常生活に関わる

サービスを提供しますが、老人福祉施設ではありません。

2006年に法改正が行われ、

10人以上の人員配置が撤廃されました。

2000年には介護保険の施行により、

民間事業が多く参入してきました。

現在は全国に2000件以上の有料老人ホームがあります。

このことは費用やサービスへの苦情を増やす結果となりました。

そこで、広告の規制やクーリングオフも

取り入れられるようになりました。

また、介護サービスも健康型、介護型、

住宅型と分けられており、

それぞれの条件やサービスも違います。

費用も違うため、入居の際は自分の条件に合わせて

選ぶことが出来ます。

また、介護サービスを行うかどうかでも、

スタッフの人数が変わります。

ですので、希望先の施設のパンフレットを取り寄せ、

重要事項説明書などをよく読む必要があります。

介護付有料老人ホームもケアの内容によって

職員の基準人員が違います。

入居者の状態を考慮し、人員も確認しながら、

有料老人ホームを選びましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

有料老人ホームと生活保護 [老人ホーム]

有料老人ホームと生活保護

有料老人ホームには入居する際にかかるお金が高いです。

そのため、お金がなく、入居を諦める高齢者も大勢います。

しかし、行き場のない高齢者を受け入れるための施設があります。

生活保護を受けながら、毎月の費用は10万円前後と

格安で入居できる有料老人ホームが増えているのです。

この施設は長期入院が多く、介護が必要な方も受け入れています。

施設に入居する人は自宅がなく、病院も退院し、

生活する場所を失ったために、自治体が紹介してくるのです。

しかし、なぜこのような施設が運営できるかというと、

施設が営業をしなくても、自治体が紹介してくれることと、

訪問介護を行うことで費用を抑えています。

また介護付賃貸住宅も増え、

訪問介護や訪問診察を受けることができます。

高齢者にとっても、安心して生活できることは重要です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

有料老人ホームの人員配置について [老人ホーム]

有料老人ホームの人員配置について

有料老人ホームに入るためには高いお金がかかります。

そのため、入居するのはお金持ちのイメージがあるでしょう。

しかし、介護保険法が改正され、

介護保険が適用されたことで、入居しやすくなりました。

有料老人ホームは介護を行ったり、日常のお手伝いをしますが、

施設内の人員配置の基準も定められています。

入居者100人に対して1人の生活相談員を配置し、

常勤者も1人以上必要です。

また、看護職員、

介護職員は入居者で要支援を受けている人10人に1人、

要介護の認定を受けている場合は3人に1人必要で、

1人は常勤の必要があります。

さらに理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、

あんまマッサージ指圧しなどの機能訓練指導員も

1人以上必要となっています。

また、ケアマネージャーはケアプランの作成を行いますが、

これも利用者100人に1人が必要です。

また施設管理のための常勤管理者も必要です。

管理者は他の業務と兼務することができます。

運営規定や需要事項説明書を確認すれば、

人員の配置は把握できます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

有料老人ホーム入居までの流れ [老人ホーム]

有料老人ホーム入居までの流れ

食事サービスや生活の介助を行う高齢者施設を

有料老人ホームと呼びます。

介護付有料老人ホームでも、食事、入浴、排泄などの体への介護や

掃除、洗濯と言った日常生活の介護を行っています。

この有料老人ホームにはいるためには、

高いお金と介護の必要性など、条件があります。

まずは入居目的をはっきりとさせ、予算、希望を出しておきましょう。

資料、パンフレットを請求し、ホームをいくつかに絞ります。

施設は民間事業のため、サービス内容や費用が異なりますから、

しっかり比較しましょう。

希望先を決めたら、見学をしたり、体験入居をします。

見学すると、

施設の概要や行われているサービスがだいたい分かります。

体験入居すると、

1日を通してのサービスや設備を知ることが出来たり、

入居者の話を聞いて参考にすることもできます。

体験入居は1箇所のみしかできないわけではありませんので、

何箇所か体験しましょう。

入居希望先を決めたら、申し込みや契約を交わし、

いよいよ有料老人ホームでの生活がスタートします。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 老人ホーム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。